2024年4月20日土曜日


 報いは死・・・。

2024年4月19日金曜日

ちゅらい・・・。

2024年4月18日木曜日

犬は便秘。


繰り返し言います!!

2024年4月17日水曜日

その指に私が・・・。

2024年4月16日火曜日

 

かいつまんで言う。

2024年4月15日月曜日

お花  摘んできます。

2024年4月14日日曜日

安心してください! 穿いてますよ。


作品名「若鮎」

2024年4月12日金曜日

雑技団にいます。

2024年4月11日木曜日

た、高倉さん!!
な、なんかあったんスか!?

2024年4月9日火曜日

ヤルナ!!
エサ ニ ネコ ヤルナ 💢
2024/04/09

2024年4月8日月曜日


ほんま、おそろしい。

2024/04/08

2024年4月7日日曜日

ぜったいやります。

2024/04/07





2024年4月5日金曜日

 

2ヶ所ある。

2024/04/05

2024年4月4日木曜日

老人になって、忘却の彼方(かなた)を知った。

2024/04/04

2024年4月3日水曜日

工夫することが大事だ。



2024年4月1日月曜日

藝術のためですから・・・。

2024/04/01

2024年3月14日木曜日

ごめんなさい。

2024/03/14

2024年3月10日日曜日


土塀の残骸があった。

こういう風景を愛でることができるのは、70年代美術の恩恵だと思う。

2024/03/10


2024年3月9日土曜日

「と」という文字が味わい深い。

最初「ひ」と読んだ。


これは多分「、」を意識している。

「と」の次に「、」を書こうとして、つい勇み足になった。

書いた人のせっかちさを読むことができる。


この文言を一刻も早く書きたくて仕方なかったのだろう。

2024/03/09

2024年3月8日金曜日

 まだれに占める。

商品が屋根の下にぎっしり並んだ状態なのかなあ。

2024/03/08




广部(げんぶ)は、建物や家屋に関する字が多く属します。一説によれば、广は家の屋根、または崖の上に建つ家の形にかたどられているとも言われています。「广」は「まだれ」と呼びます。まれに「まかんむり」とも。(辞書オンライン漢字辞典より・https://kanji.jitenon.jp/cat/bushu03022.html

2024年3月3日日曜日

雨水が流れた跡。

永年の痕跡が生き物のような形になった。

なぜ生き物に見えるのかな・・。

2024/03/03


2024年3月2日土曜日

真ん中の草履を境に対に並んだ靴の写真。


右足と左足。

多くのものが対の関係にあって面白いと思う。

男と女

上と下

善と悪

裏と表

生と死

など、数え上げたら切りがない。

不思議だな。


2024/03/02

2024年3月1日金曜日

何年も前からこの広告がある。
食べたことはない。
昔、国鉄(JR)の売店に皮付きのみかん(剥かん状態の)が冷凍されたものを売っていた。
5個くらい網に入って売っていた。
記憶間違いかもしれん。
2024/03/01


オレンジ色の網だったように思うけど・・・。

 

地球のようなものを素っ裸で持ち上げている。
郵便は世界を結ぶ。
2024/03/01

2021年12月10日金曜日

必要が作り上げた不必要な光景。


2021年12月9日木曜日





酸性雨、という言葉を聞かなくなったな・・・。
そういう公害がなくなったのではなく、もっと深刻な問題が生じているせいのようにも思う。

雨の痕跡があらたな表現を醸し出す。

それにしても、長年この姿で微動だにせず・・・裸体芸術は我慢だな。



が多い。



油そば···スープのないラーメン。汁なしラーメン とも 混ぜそば ともいう。

2021年12月7日火曜日




















せんせんきょうきょう 0戦戦恐恐戦戦タル形動タリ 〔詩経小雅,小旻恐れつつしむさま。恐れてびくびくしているさま。いつしかられるかととしている

2021年12月2日木曜日

絶妙な位置に草の芽が・・・。

2021年11月29日月曜日

歩行者専用。
しかし、このサインが痴漢行為に見えてしまう不思議。
多分、お尻を触っている・・・。



2021年11月27日土曜日

現在地はどこだ・・・。



2021年11月25日木曜日


























和歌山県立近代美術館に行ってきた。

駅からの道中に「コロナカメラ店」を見つける。

思えば数年前にここを通り、この「コロナカメラ店」を見つけたことを思い出す。

そのときもすでに営業はしていなくて、店内は倉庫のようになっていた。

今回は遠くから眺め、当時と全く変わっていない風景を見た。

「コロナカメラ店」には、ゆっくりゆっくり時間が流れている。

「コロナ」という文字だけが時代を先読みしていたな。

2021年10月1日金曜日

またしても「2」の関係・・・。
 



2021年9月23日木曜日

レンガがロープでぶら下げてある。


 塀の向こうに何があるのだろう。

通行人には見えるレンガ。

住人には見えないレンガ。

2021年9月18日土曜日


信号で停車したときに この風景を見つけた。

三角形の建物に取り付けられた看板と電柱が重なっている。

こういうことはよくあるものだが「よくある」たびに気になる。

2021年9月15日水曜日

雨水の行方

2021年9月10日金曜日

1円切手を100枚買った。

100枚も購入したのに100円・・・・手に取ってみて安いと思った。

そう思ったことが浅はかだと思う。


63円の切手を100枚買うと6300円。

84円の切手100枚なら8400円もするのに、1円切手なら同じ物量が100円。

1円切手を100枚手にして安いと思う感覚が小市民だと思う。

恥ずかしい。

2021年9月5日日曜日

重力を無視する場所 

2021年9月1日水曜日

友立ち・・・。かあ・・・。

2021年8月29日日曜日

額というものは美術作品であることを保証するかのような働きをする。


2021年8月26日木曜日

黄色い顔に見えた。

完璧にアニメ顔だ。

2021年8月23日月曜日

踏み台のようなものが置かれてある。

頑丈な鉄製だ。

段差がある場所に簡易スロープを置く風景はよくみかけるが、このような踏み台形状は初めてだ。

第一「踏み台」の役割を果たしていない。

高さ自体が同じだから。

置かれた場所も不自然で謎が深まる。


 

2021年8月18日水曜日

わずかな水滴が落ちて矢印になった。